CSR活動

サステナビリティサステナビリティ

サステナビリティ基本方針

 グローセルグループは、「創造と革新」の経営理念のもと、わが国産業の発展に寄与することを心がけるとともにすべての法律を遵守し、社会との調和をはかりつつ、お客様の心を打つ満足を追求し、最も信頼される企業として、事業活動を通じ「持続可能な社会の実現」と「持続的な成長の実現」の両立を目指していきます。

 その取り組みにあたっては、お客様、株主、従業員、地域社会との共生など全てのステークホルダーから信頼を得られるよう企業価値の向上を目指し、社会課題の解決に取り組むことで持続可能な社会の実現に貢献を果たしていきます。

体制図

 グローセルグループのサステナビリティ経営推進に向けた取り組みとして、取締役社長を委員長とする「サステナビリティ委員会」を2022年4月1日より設置いたしました。当委員会では、サステナビリティに関する課題とその解決に向けた取り組みに、経営陣が積極的に関与し、中長期的な視点でサステナビリティ経営の実現に向けた課題を審議し進捗管理することで、サステナビリティ経営の実効性の向上とステークホルダーとのコミュニケーション充実を図ってまいります。

マテリアリティ(重要課題)

 グローセルグループは、お客様のビジネスを支えるべく、日々多様な社員が活躍しています。今回、様々な社会課題や、多様なステークホルダーに配慮した責任ある事業活動を推進するために、当社にとっての4つの重要課題「マテリアリティ」を特定しました。