管理部門

専門性を活かして
アクティブに!
経理のプロとして
企業の発展に寄与

管理部門

2008年入社
経済学部 経営学科

私の仕事内容

正確さが重要!業績・決算を株主や投資家等のステークホルダーに開示する

私は経理部で「仕訳」という会社の取引の記録と「決算開⽰に関する業務」を担当しています。
前者の「仕訳」は、皆さんが「経理部」と聞いて想像される業務だと思います。営業活動をはじめとする会社で起こる事象を会計基準と照らし合わせ記録するという業務は、会計に関する知識を要します。
後者の「決算開⽰に関る業務」では、決算短信や有価証券報告書等の作成に携わっています。決算の開⽰業務は、会社の業績や財務状況を株主や投資家、取引先等に対し報告する責任ある業務です。正確性を求められることはもちろんですが、毎年のように改正される会計基準や関係法令への対応、社内外の関係者との連携・確認等さまざまな側⾯に注意を払い、慎重に業務を遂⾏することが必要です。

これが私の仕事のやりがい!

たくさんの社員、取引先と経理の仕事を通して会社の発展に貢献

私の仕事は、営業職の社員をはじめ、たくさんの関係者の努⼒で紡ぎあげられた数字を的確に分類し、記録することが求められます。そして、たくさんの社員とのコミュニケーションや関係する取引企業とのやり取りが想像以上に多くあります。
業務を進める上では、まだまだ上司、先輩社員から教えていただくことが多くありますが、より知識と経験を蓄え、会社に貢献できる⼈物になりたいです。
そして経理の仕事の経験談として、東証2部、東証1部への上場という会社の発展に関わる仕事に従事できたことはこの上ない喜びを感じましたし、⼤きな刺激を受けました。終わってみれば約3年にわたる審査では、上場に関する件で多数の資料を作成しました。その中で学んだことは、前例にとらわれず、わからないことを曖昧にしないことです。今後も経理のプロを⽬指し、さらにレベルアップに努めていきたいと思います。
また、私は⼊社以来4年間営業職を経験し、営業所での勤務経験もあります。この経験を活かして、法令の重要性は最も尊重すべきものですが、営業活動に携わる社員の気持ちも⼤切にして、コミュニケーションを積極的に図って業務を遂⾏していきたいと思います。

管理部門

私がグローセルで働く事を決めた理由

自己成長が図れる環境と仲間として働く社員の温度感

就職活動では商社の営業職を志望し、半導体という将来性のある商材を提供する仕事に魅力を感じました。その中でも当社の教育制度や人材育成については他社には無い手厚さを感じました。また、入社後のキャリア形成の方法が柔軟で、各部署で働く社員が定期的な異動を経験し、バラエティに富んだ経験を積まれていたことも魅力でした。就職活動の初期は、商社というとずっと営業部門で働くものだという先入観があったため、さまざまな経験を積み、能力開発ができることを知り、入社後のことも考えるようになりました。
また、入社を決める前に先輩社員や同期とコミュニケーションを取れた事も、⼤きなきっかけになりました。訪問を繰り返す内に社⾵や社員の温かさに触れる事もでき、ここなら⻑く勤められると感じた事がポイントです。

就職活動中の皆様へメッセージ

管理部門

自分自身が主役!主体的に積極的なアクションを

仕事でも、プライベートでも、そして就職活動でも、「待ち」に回らないで、積極的に⾃分からアクションしていくことが⼤切だと思っています。周囲の⽅のアドバイスに素直に⽿を傾けることも⼤切ですが、⾃分⾃⾝の進む道を決定する時には、先⼊観や巷の情報に煩わされることなく、じっくりと考え、⾃分⾃⾝の決断に⾃信をもって突き進むことも必要だと思います。
また、仕事とプライベートのバランスも重要です。家族と過ごす時間も大切ですし、私の趣味はサッカーで、地元クラブの活動に参加し仲間たちと集まって過ごすことが⼤好きです。しっかりリフレッシュできていることが仕事の原動力になっていますね。

募集要項

新卒採用は「総合職」と「一般職」にわけて実施します。
理系・文系問わず募集いたします。詳しくは募集要項をご確認ください。

エントリー

エントリーは、採用特設サイトまたは「リクナビ」「マイナビ」から受付中!
皆さんのご応募をお待ちしています!

エントリーする