設計開発

誰も手がけたことのない
新製品開発に
挑戦できる
醍醐味がある

設計開発

2018年入社
工学部 未来ロボティクス学科

私の仕事内容

今までの学びを総動員!自社製品のひずみセンサーの構造設計から量産立上げまでを担当

私は当社初の⾃社製品である⾼感度半導体ひずみセンサー「STREAL」の開発メンバーの⼀員として、構造解析や評価、周辺システム基板開発、ソフトウェア開発など、多岐にわたる業務に携わっています。
「STREAL」は超⼩型・⾼精度・常時計測という特徴を持ち、トルク・引張り・せん断⼒・圧⼒・低周波振動などを検出し、さまざまな装置・設備のIoT化を実現する製品です。
今の仕事の⾯⽩さは、誰も作ったことのない製品づくりに挑めることです。前例がない分野なので、開発中に不測の事態が起きることも少なくありません。しかし試⾏錯誤を繰り返し、課題を解決した時には⼤きな達成感があります。学⽣時代に学んだ材料⼒学やC⾔語をはじめ、⼊社後に学んだセンサー知識など、知識や技術を総動員して仕事に取り組んでいます。近い将来、「STREAL」をさまざまな分野でご利用いただけるよう頑張っていきたいです。

これが私の仕事のやりがい!

ドキュメント作成を担当した⾃社製品が初出荷されて感激

これまで⼿がけた仕事の中で最も印象に残っているのは、⼊社1年⽬に「STREAL」のドキュメントを作成したことです。このドキュメントはセンサーの取付け⼿順を説明したもので、先輩から引き継いで半年間にわたって研究してきた成果をまとめました。
「STREAL」は、計測する設備や装置にセンサーを貼付けてセンシングするのですが、取り付け⽅によって信頼性に差が出ます。そのため特殊な設備を持つ社外の研究所の協⼒を得て、どういう取り付け⽅をすれば最⼤性能が出るかデータを取りながら検証を重ねました。また、接着を専⾨に研究されている⼤学の先⽣のセミナーに参加し、接着技術を学ぶ等の⾃⼰研鑽もしました。
その結果、ドキュメントが完成し、初出荷前にドキュメントの担当者欄に⾃分の名前を押印した時は感慨深かったですね。1年目から重要な仕事を任され、粘り強く取り組めたことは自信につながりました。

設計開発

私がグローセルで働く事を決めた理由

学生時代に学んだ機械・電気・電子系の知識や技術が活かせる環境だった

私は学⽣時代には⼯学部の未来ロボティクス学科で、機械・電気・電⼦・情報⼯学などを学びました。また、チームを組み、学生が技術を競うコンテストなどにも参加していました。そして、就職活動に際しては⾃分の学んできた技術や知識が活かせる職場で働きたいと考え、メーカーを中心に設計開発に携わることができる会社を探しました。
当社を知ったのは⼤学の合同説明会の時。技術商社としてさまざまな商材を扱い、組込みソフトやASICの開発も行っていることを聞き、面白そうだと思いました。さらには、「STREAL」という魅力ある製品の開発・製造・販売をスタートするという話が聞けた際に、「ここだ!」と思いました。また、設計・開発というと、一人で長時間パソコンと向き合う働き方を想像していましたが、職場における人的交流の活発さや有給休暇の取得が積極的に推奨されているなど、オンとオフが明確になっている点にも魅力を感じました。

就職活動中の皆様へメッセージ

設計開発

技術部門があり、理系出身者が活躍できる場もたくさんある

得意なことがあって、それを活かせる会社だったら、多少の波風を気にせず仕事を続けて⾏くことができます。「⾃分に得意なことなんてない」と悲観的にならずに、⾃分をよく分析してみてはいかがでしょう。気付いていないだけで、あなたの強みや得意なことがきっと見つかるはずです。
当社は商社ですが、技術部⾨があり、文系学部出身者も理系学部出⾝者もそれぞれに活躍できる場があります。⼊社1年⽬から責任ある仕事を任されるのでやりがいも⼗分です。設計・開発に関心がある方は、メーカーだけでなく商社にも学んだ知識を生かす仕事がたくさんあるということを知っていただけたら嬉しいです。

募集要項

新卒採用は「総合職」と「一般職」にわけて実施します。
理系・文系問わず募集いたします。詳しくは募集要項をご確認ください。

エントリー

エントリーは、採用特設サイトまたは「リクナビ」「マイナビ」から受付中!
皆さんのご応募をお待ちしています!

エントリーする