設計開発

商社のエンジニアとして
車載向けソフトウェアの
開発で
便利で快適な
社会作りに貢献

設計開発

2017年入社
工学部 未来ロボティクス学科

私の仕事内容

技術商社の開発者として、車載機器のソフトウェア設計などを担当

⾞載機器メーカーから依頼を受け、カーナビに搭載されているバックモニターのソフトウェアを開発しています。命にも関わる⼤切な製品なので、ソフトウェアに関する世界的な法律に則って開発を⾏っています。
この仕事の⾯⽩さは、ソフトウェア技術の進歩を直に感じられることと、⾞の進化に直接的に携わるワクワクを感じられること。まだ⼊社3年⽬ということもあり、正確性を最重視し⽬の前の業務に取り組んでいますが、スキル・知識を⾝に付けていくことで、より具体的に案件の全体像をイメージできるようになりたいと考えています。
また、さまざまな⾃動⾞メーカーで採⽤されている最新技術への注⽬も⾼め、その技術が⾞開発におけるソフトウェアの進化にどのような影響を与えていくのか、未来を予想しつつ、得た知識や発想を仕事へ活かしていきたいです。

これが私の仕事のやりがい!

仕事の成果が「目に見える形」に。携わった車種を生活の中で目にする喜び

私は学⽣時代にソフトウェア開発の経験がありませんでした。しかし当社には充実した教育プログラムがあり、ゼロからでもエンジニアとしてのスキルを向上させる事ができます。
研修以外にも、実際の業務中に先輩社員に教わりながら開発に取り組む事は少なくありません。先輩社員の⽅々は、開発業務⼀つひとつの意義や意味を、私が理解するまで図なども⽤いながらわかりやすく教えてくれます。難しさや苦労もありますが、着実に⼒をつけられているという実感があり、恵まれた環境だと感じています。
また、それぞれの意⾒を出し合う中で、先輩⽅が経験を通して得た考えに触れる機会があるのも、勉強になり⾯⽩いです。グループのメンバーと協⼒し、問題点を解決しながら⼀つのソフトウェアを完成させた際には、⾮常に⼤きなやりがいを感じました。
このような過程を経てできあがった製品が搭載されている⾞種が世に出ていき、テレビCMで⾒たり、実際に街中で⾛っているのを⾒かけると、とても嬉しいですね。

設計開発

私がグローセルで働く事を決めた理由

インターンシップを通して感じた、温かみのある社風・人柄が魅力的でした

⼤学⽣時代、私は学⽣⾃治会や⼤学祭実⾏委員会の⼀員として活動をしており、メンバーそれぞれが⾃分の⻑所を活かし、お互いに短所を補い、協⼒してプロジェクトをやり遂げる事にやりがいを感じていました。この経験から、社会⼈となり会社で働く際もお互いに協⼒し合える環境が⾃分に合っていると感じ、「どのような環境で働くか」を重要視して就職活動を⾏っていたのです。
その中で、当社のインターンシップに参加したとき、会社の雰囲気や社員同⼠の関係の良さを体感したことが、⼊社を決めるきっかけとなりました。インターンシップでは、さまざまな部署の社員と会話をする機会があったのですが、社員の皆さんが⼝を揃えて「温かい雰囲気を持っている会社」と答えていたことが印象に残り、そのことも⼊社の決め⼿となったひとつです。

就職活動中の皆様へメッセージ

設計開発

積極的に企業訪問し、自分の知見を広めてほしい

「⾃⾝がどのような環境で働きたいのか」を明確にすることが重要であると思っています。⾃分にあった環境がどのようなところなのかを考えて企業を選択すると、良い結果に繋がるのではないでしょうか。
私の場合、素の⾃分を採⽤したいと思ってくださる会社がいちばん働きがいのある会社だと考え、⾯接などの選考では素の⾃分を出すことを⼼がけました。⻑く働き続けることを考えると、それが⾃分にあった環境と出会える最善策だと思ったためです。

募集要項

新卒採用は「総合職」と「一般職」にわけて実施します。
理系・文系問わず募集いたします。詳しくは募集要項をご確認ください。

エントリー

エントリーは、採用特設サイトまたは「リクナビ」「マイナビ」から受付中!
皆さんのご応募をお待ちしています!

エントリーする